医療機器メーカー専門の転職エージェント ライプニツ・リサーチ
(人材紹介業許可番号:13-ユ-305182)
お知らせ

新型コロナ感染症への当社の対応
新しい転職様式をご提案します

  • ★ 新型コロナ感染症のもとで、どう転職活動を進めるべきなのか?
  • ★ 当社は「新しい生活様式」と共に始まる「新しい転職様式」をご提案します。
  • ★ 「WEB 面接」のスキルを磨いて、時間をかけてじっくり探すという新様式!
  • ★ 「本格的なキャリア形成の時代」に突入します。キーワードは「自律」です。
お知らせの内容

▼「新しい生活様式」と共に始まる「新しい転職様式」

 新型コロナ感染症により、人々の生活様式が種々の変容を求められており、緊急事態宣言が解除された今(2020年8月)も、引き続き「新しい生活様式」の継続が求められています。ワクチンの開発には最低でも3年~5年以上の長い年月が必要だと明言する識者もいらっしゃいますので、「新しい生活様式」はかなりの長期戦になるかもしれません。

 とすれば、そうした長期戦となることも覚悟で、人々の「新しい生活様式」に合わせて企業側も、商品やサービスの提供体制を変えていかざるを得ず、その中で採用活動もWEB 面接へのシフトなど、いわば「新しい採用様式」の構築が求められています。同様に、転職する側にも「新しい転職様式」の構築が求められています。それはどのようなものなのか、当社ライプニツ・リサーチが以下でそれをご提案させて頂きます。

時間と場所で融通が利く「WEB 面接」

 まずは新型コロナ感染症により、対面での面接が行いにくいので、ほとんどの企業様ですでに「WEB 面接」へのシフトが行われています。それによりメリットも出てきていて、遠方への転職をお考えの方や、休暇が取りにくい職場にお勤めの方にとっては、転職のチャンスが広がったといえます。在宅勤務が増えている中で、自宅にいながら転職活動が進められる「便利な時代の到来」と受け止めることもできます。

 他方、WEB 面接はまだ世の中に浸透しているとは言い難く、WEB 面接がうまくできるか不安、WEB 面接で失敗したという声も、徐々に寄せられ始めています。WEB 面接は今後、新型コロナ感染症が終息したあとも、企業の採用活動には不可欠な「必須アイテム」として残ると当社は考えており、WEB 面接対策は、転職をお考えの方にとって、今後は必須要件となりそうです。ここから逃げていては、これからの時代は転職もままなりません。

当社は「WEB 面接」のスキル向上をサポート!

 そこで当社では、皆様が安心してWEB 面接に臨めるよう、WEB 面接に必要なインフラの確認から、WEB 面接リハーサルの実施、リハーサル実施後の木目細かなアドバイスなどをすでに行っています。WEB 面接がご不安な方は、どうぞご遠慮なく当社までご相談をお願いします。是非ご一緒にWEB 面接の練習をして、WEB 面接のスキルを高めていきましょう!

 ちなみに、当社ではこれまでは、お住まいが都内近郊の方の場合には、ご来社頂いたうえで面談を行っておりましたが、新型コロナ感染症の流行が終息するまで、お住まいが都内近郊であっても、当面の間は当社との面談もWEBでご対応させて頂いています(もちろん、どうしてもまだWEB 面談には抵抗がある方には、お電話でご対応をさせて頂きます)。地方の方にはこれまで通り、WEB 面談やお電話でご対応させて頂きます。

 WEB 面談が初めての方は、世の中に沢山いらっしゃいますので、どうぞ恥ずかしがらず、是非練習のつもりでお気軽にご相談をお願いします。接続などに失敗しても、お電話などで丁寧にサポートさせて頂きますので、どうぞご安心をお願いします!当社ではWEB 面接リハーサルを実施して、見事内定を得たという事例もすでに出始めています。

じっくり選ぶという「時間軸の長さ」

 当社がご提案する「新しい転職様式」のもうひとつの特徴は、じっくりと時間をかけて、自分に合う転職先をゆっくり探すという「時間軸の長さ」です。新型コロナ感染症の終息がみえず、見通しの悪い経済情勢の中で、慌てて飛びつくように、転職先を決める必要はありません。いろいろな企業様に応募して、いろいろと比較検討を繰り返しましょう。

 転職の軸は年収だけではありません、職務の遣り甲斐、業界や企業の将来性、経営者の魅力、上司との相性、勤務地などなど、いろいろあります。複数内定を得たうえで、それらをじっくりと比較検討し、経済情勢の改善が見通せそうな状態になったのを確認したうえで、最もご納得のいく企業様からの内定を受諾する、そんなスタンスをお薦めします。

 また、今すぐではなく、将来転職を検討したいという方であれば、この時期を転職に向けた準備期間と捉え、しっかり準備することをお薦めします。まずはこれまでのキャリアを棚卸ししましょう。そのうえで、今後進むべき方向がどこなのか、そのためには何が不足しているか、不足しているのは資格なのか経験なのか、などをよく自己分析してみましょう!当社はご登録頂いた方に対し、親身に自己分析のお手伝いをさせて頂きます。

本格的なキャリア形成の時代に突入!

 昨今、在宅勤務が増えた結果、会社に出社することが善で、出社しないこと(在宅)が悪という捉え方はもう昔の話です。それに伴い、人事評価制度もプロセス重視から成果重視へという流れがさらに加速しそうです。働く側は意識転換を求められ、会社や上司への忠誠よりも、自己統制が大切になってきます。自律的に働けない方は、継続的にパフォーマンスを上げられず、転職でもかなりの苦戦を強いられそうです。

 転職とは、自身のキャリアが社外でどれだけ通用するかを試される、いわば「対外試合」ともいえます。会社や上司への忠誠がそれなりに意味のあった時代は、もはや過去のものとなりました。そのような忠誠心だけでは、対外試合はとても戦えません。対外試合で勝ち抜くためには、売上などの実績(在籍企業への貢献度を表す数値)が必要です。

 まずは成りたい自分をイメージして、その青写真を描くこと、そのゴールに向けて日々の業務を自律的に進めること、その中で具体的な成果を出し続けること。それが結果として皆様のキャリアを構築していくのであり、誰かが敷いてくれたレールを歩むことでキャリアが形成されるわけではありません。

 とても厳しい時代ともいえますが、キャリア形成とは本来そのような主体的なものであり、新型コロナ感染症が出現して以降のこの新しい世界こそが、本格的なキャリア形成の時代の到来、と当社は(この災禍を忌みつつも、部分的には)前向きに捉えています。キャリア形成に関するご相談は是非、当社ライプニツ・リサーチまでお願いします。当社はこの新しい時代における新しいキャリア形成を、皆様とともに模索していきます!

ページトップへ