医療機器メーカー専門の転職エージェント ライプニツ・リサーチ
(人材紹介業許可番号:13-ユ-305182)

職種解説の決定版!サービスエンジニアとは何か

サービスエンジニアの職務内容

医療機器のサービスエンジニアのお仕事は、人工呼吸器・麻酔器・CT・MRIなどの装置系医療機器の修理・メンテナンスが主な内容となります。

出張が多く、地方に出向くこともあり、手術室で使う医療機器を扱うメーカーのサービスエンジニアなどですと、緊急対応しなければならない場合もあり、とても大変なお仕事といえると思います。

ただ、それが患者様のQOL向上に結びつくという使命感があるため、それがサービスエンジニアの遣り甲斐となっています。

また、企業によっては、営業職がサービスエンジニアを兼務する場合もあるようです。簡単な修理であれば、営業職がその場で直してしまうというものです。もちろん、複雑な修理は社内の専門部署に修理を依頼します。

この場合、営業担当とサービス担当が一致するため、顧客となる医療機関からすれば、いわばワンストップで済みますので、とても重宝がられるというメリットもあるようです。ただ、マジョリティとしては、営業職とサービスエンジニアはあくまで別部門としてわかれるようです。

なお、サービスエンジニアそのものは、営業も兼務することが少なくないようです。ただ、その場合は、営業とはいっても、メンテナンス契約の締結、消耗品の交換促進などに職務は限定されるようです。営業職が平素行っているような新製品の啓蒙活動などまで職務に含まれることは通常はありません。

とはいえ、やはり同じ会社で、同じ営利企業に属するわけですから、修理先の医療機関で医療機器のニーズを発見した場合などは、営業部門に報告し、会社としての売上増に結び付けていくマインドはやはり大切といえます。

サービスエンジニアの求人傾向

人工呼吸器・麻酔器・CT・MRIなど装置系医療機器を扱うメーカーでのみサービスエンジニアを募集します。逆に、カテーテルなどディスポーザブル系製品を扱う医療機器メーカーでは、それらは使い捨て製品であり、サービスエンジニアを配置する必要がありませんので、求人もありません。

若手であれば、異業界出身者でも受け入れてくれる企業は多数あります。もともとはFAXやコピー機のメンテナンス経験者で、現在は医療機器メーカーでサービスエンジニアとしてご活躍されていらっしゃる方も多数いらっしゃいます。

また、最近の求人傾向として、臨床経験のみの臨床工学技士を受け入れて、医療機器のサービスエンジニアとして戦力化しようという採用トレンドも徐々に広がってきているようです。「臨床工学技士歓迎!サービスエンジニア未経験歓迎!」「臨床工学技士をイチから育てるつもりで採用します!」というタイプの求人です。ME(Medical Engineer)としての専門性をさらに高めたい、という上昇志向の臨床工学技士の方には是非お薦めしたい選択肢のひとつとなっています。

なお、普通自動車免許(必須)、出張可(必須)などは、サービスエンジニアの求人にほぼ共通した特徴といえます。医療機関は郊外にあるケースも多く、公共交通機関だけでは訪問先が制限されてしまうからです。出張対応が苦手という方には、社内修理エンジニアという選択肢をご提案させていただくこともできます。ご相談は当社ライプニツ・リサーチまでお気軽にお願いいたします。

サービスエンジニアの転職対策

医療機器サービスエンジニアの転職対策としては、何よりも、職域拡大が挙げられると思います。

たとえば、①サービスエンジニアのお仕事をしながらも、担当業務外であったとしても、常に営業的な目線を忘れず、自社製品の売上増につなげる、②医療機器メンテナンスの職務を通じて、社内で製品改良に向けた提言などを行っていき、意欲的に開発にも関与していく、などなど。やり方はいろいろあると思いますが、いざ転職となった時に困らないだけの武装は必要となります。

また、マネジメントスキルを高めるという方法もあります。若手の指導、サービス体制の再構築、サービスマニュアルの改訂などの機会があれば、是非意欲的に参画しましょう。まずはリーダーとして、次はサービス部長としてのポジションを貪欲に狙っていく心構えも大切です。サービス部長ともなれば、800万円以上、外資であれば1000万円以上の高年収も視野に入ってきます。日々の修理・メンテナンスに埋没せず、中長期目線で、ご自身のキャリア開発に取り組むことがとても大切となります。

当社の無料転職サポートが他社より断然で、皆様から理由!!
個別転職相談会の次回開催予定
はてなブックマーク
Facebook
Google
Google +1
Clip to Evernote
ページトップへ