医療機器メーカー専門の転職エージェント ライプニツ・リサーチ
(人材紹介業許可番号:13-ユ-305182)

医療機器営業職とMRってどう違うのか?

医療機器営業職は必ずしも資格を必要としません

医療機器営業職とMR(Medical Representatives:医薬情報担当者)とは同じ医療機関を顧客とした営業職ではありますが、医療機器営業職は公的な資格がなくても就けるお仕事であるのに対し、MRの場合はMR認定資格を得ないと事実上、病院での営業活動ができないお仕事となり、その点でまずは大きく異なります。

そもそもMRとは「医薬品の適正な使用に資するために、医療関係者を訪問すること等により安全管理情報を収集し、提供することを主な業務として行う者をいう」と省令で定められています。もちろんMRは製薬会社の営業マンでもありますので、自社の医薬品の販売拡大を目的に営業活動を展開するのですが、他方で、医薬品の有効性情報(効き目や効果的な使い方)や安全性情報(副作用など)を医療の現場から収集して自社に報告すること、そして医療現場から得られた情報を正しい形で医療関係者にフィードバックすることも、大切な役割となっており、MR認定資格を取得した者にしか、病院での営業活動が認められておりません。

ただ、医療機器においても、医療機器の有効性情報や安全性情報などに関して情報提供することは、とても大切な役割であり、業界団体が中心となって、MR認定制度に準じるものとして、医療機器情報コミュニケータ(MDIC)認定制度が創設され、徐々にではありますが、MDIC認定を取得する医療機器営業職が増えつつあります。とはいえ、まだまだ現状では、MDIC認定がないと病院での営業活動ができないという状態とはなっておらず、そんなことも一因しているためでしょうか、異業界から医療業界への転職をお考えになる場合には、医薬品業界よりも医療機器業界のほうがハードルが低いという状態が、現在もまだ続いております。

これは学歴面でもいえることで、医療機器営業職の場合ですと、高卒でも多くの方が活躍されており、あまり学歴に頓着しない業界といえると思いますが、製薬会社ですと、かなりハードルは高く、大学の中でもかなり良い銘柄の大学出身でないと受け入れてくれないという敷居の高さのようなものがあるようです(MR派遣を除く)。そんな意味では、新卒時の就活などで、出身大学の銘柄のために苦戦した苦い思い出のある方にとって、医療機器業界はとてもオススメの業界となっております。

医療機器営業職は「動」、MRは「静」のお仕事

そもそも「医療機器」とひと言でいっても、CT・MRIのような大型の装置から、ステント・人工関節などの生体適合材料系のものもあれば、手術用のマスク・グローブなどのディスポーザブル製品(消耗品)まで含まれ、その範囲はかなり広範にわたります。

ディスポーザブル製品を売る場合は、「サンプルを置いていきます」「是非まずは使ってみてください」という売り方が多いかもしれません。買う側も、それにより実際に使ってみて、「これ、いいな」と思えば、即注文ということもあり得ます。

それに対して、CT・MRIのような大型の装置を売る場合ですと、「これ、いいな」「即注文」というわけにはいきません。高額な機器となるため、買う側としては病院の年間予算の中で、買うかどうかを判断することになり、病院の院長決裁まで必要となる場合も多く、それだけに顧客との長期の信頼関係構築がとても重要となります。

そのため、訪問先が多岐にわたることも多く、CT・MRIを直接使う診療放射線技師やその画像を読み解く医師以外にも、事務方、用度課、院長など、多方面への根回しが必要となります。新設の病院に機器を納めようとする場合であれば、建設会社にも根回ししておく必要があり、営業活動はかなり広範で、また長期戦となります。

それに対して、MRが取り扱うのは、医薬品のみとなります。訪問先も「医局の前」にほぼ制限されています。医療機器営業職のように、手術室の中で立会いを行ったりすることはありません。また、医療機器営業職のように、あちらこちらの診療科を縦横無尽に歩き回り、納品時に看護師や放射線技師などのコメディカルに使用方法を説明したりすることもまずありません。「医局の前」でただひたすら、目当てとするドクターと会えるのを待つのみとなります。ひと言でいえば、医療機器営業職は「動」の仕事であるのに対して、MRは「静」の仕事といえるのかもしれません。

これは仕事の遣り甲斐にも関係するかもしれません。医療機器営業職の場合ですと、例えば手術の立会いなどで、自社製品を患者様に使用する場面に、多々遭遇します。自分が販売した医療機器が、この患者様のこの手術で使用されるという、喜びと独特の緊張感は何物にも代えられない実感となります。それに対して、MRの場合は、自社の医薬品が目の前で使用されるのを見るのは、むしろ稀なケースであり、仕事として実感しにくいという部分があるようです。そんなことから、MRから医療機器営業職に転向してくる方も時々いらっしゃいます。

ページトップへ