医療機器メーカー専門の転職エージェント ライプニツ・リサーチ
(人材紹介業許可番号:13-ユ-305182)

医療機器営業職って激務なの?

医療機器営業職って接待があるの?

医療機器営業職だと、よく医師に対する接待があるのでは、そのため毎日夜が遅くなるのでは、というお問い合わせを頂きますが、これは全くの誤解となります。かなり昔にはそのようなことがあったかもしれませんが、現在ではコンプライアンス上の観点から接待はむしろほぼ禁止されており、医師の側も接待を受けることを拒む傾向があります。どうぞご安心のうえ、是非医療機器営業職としてご活躍を頂ければと思います。

激務といえそうな場合があるとすれば、救急救命・ICUなどで取り扱う医療機器を扱うメーカーに転職する場合がまず挙げられます。緊急対応が必要な場合もあり、夜間の呼出しなどがある場合もあります。ただ、そうした医療機器を取り扱うメーカーのほとんどでは、当番制で夜間対応をしており、365日・24時間オンコール対応というケースはまずありませんので、どうぞご安心を。

また、担当エリアが影響する場合もあります。まだ設立後間もない外資系医療機器メーカーの日本法人で創業期メンバーとなったような場合ですと、担当エリアがかなり広域にわたる場合もあります。それこそ、北海道から九州までほぼ毎日出張で、週末のみ自宅に帰るというケースもあります。遣り甲斐はあるかもしれませんが、全国での営業基盤が確立するまでは、それなりの覚悟をしないといけないかもしれません。ただ、ある程度、営業基盤の確立された医療機器メーカーですと、各エリア毎に医療機器営業職が配置されており、宿泊を伴うような出張はむしろ稀となります。

医療機器営業職ってノルマがきつい?

ノルマという観点からいいますと、外資系医療機器メーカーで本国の親会社が株式を上場している場合などは、かなりハードルの高いノルマを課せられる場合が多いかもしれません。上場している企業様の場合ですと、4半期毎に株主に対する説明責任がありますので、親会社としては株主が納得するような成長シナリオを維持し続けようとする傾向性があります。それが日本法人の末端にまで予算として振り分けられますので、ノルマを達成できれば、数百万円という高額なインセンティブを手にする可能性がある半面、ノルマを達成できなければ、厳しい状況に追い込まれる場合もあります。ご自身の営業力にかなりの自信をお持ちで、高額な年収を得たいという場合の選択肢としては、チャレンジしてみても良いかもしれません。

それに対して、外資系医療機器メーカーでも、株式を公開していない場合(いわゆるプライベート・カンパニーの場合)は、中長期的な観点から経営を行っている場合も多く、日本法人に過大なノルマを課してくるケースは少ないかもしれません。腰を据えて職務に取り組むことができ、担当するドクターとも中長期的な関係構築に専念できます。ただ、このようなプライベート・カンパニーにおいては、いわゆる終身雇用的な給与制度を採用している場合も多く、高額なインセンティブはまず期待できませんし、毎月の給与も日系企業に近い水準にまで抑えられています。高額な年収よりも、腰を据えて働きたいとお考えの方にはオススメです。「外資=キツイ」とはいえない場合もあるのです。

しかしながら、このようなプライベート・カンパニーの場合であっても、5年以上や10年以上の長きにわたり赤字が続いてしまいますと、日本市場からの撤退ということも当然選択肢のひとつとなり、あまり流暢に構えていられないかもしれません。早期の事業立上げ、早期の黒字化は営利企業である以上、必須命題といえそうです。創業メンバーまたは創業後数年で入社したような場合ですと、あれもこれもと幅広く職務に取り組み、早期の黒字化に向け、がむしゃらに働かなければならない時期と心に決めて働くことが必要となってまいります。

また、日系の医療機器メーカーですと、上場している外資系医療機器メーカーのような高い賃金水準ではありませんが、腰を据えて長く働ける企業様が多いようです。高いノルマを課せられる場合もあまり多くはありません。ただ、転職活動の面接の中で、その緩い部分ばかりを志望動機としてしまっては、転職活動は失敗してしまう可能性大となります。日系の医療機器メーカーも、高い営業力のある、優秀で貪欲な営業マンを求めていることは、外資と全く変わらないからです。

詰まるところ、激務かどうかという問いの中に、「楽な営業がしたい」という思いのみが溢れているとすれば、転職活動はうまくいかないとお考えになるのがやはり正しいかもしれません。企業が求めるのは、マーケットシェア5位の製品を1位にまでシェア拡大してくれる、貪欲で成長意欲が高い営業マンであり、楽な仕事を探している人材ではないことを肝に銘じておく必要があります。過度な安定志向、寄らば大樹という守りの姿勢は、あなたの魅力を半減させてしまうのです。

SPDの壁。SPDとどうお付き合いすべきか?

SPDとはSupply Processing and Distributionの略で、病院内で使用される医療材料(医療機器・医薬品など)を一元的に管理・供給する院内物流システムをさします。診療報酬の改定など、医療を取り巻く環境が厳しくなるなか、病院は経営改善策の一環として、このSPD事業者に医療材料の管理、医療機器メーカーなどとの価格交渉などを委託することが徐々に多くなっています。

このSPDは医療機器営業職にとっては、とても厄介な存在であり、SPDを介さないと営業活動ができにくくなっている部分も出てきているようです。また、折角、受注間際まで漕ぎ着けたとしても、SPDが介在することにより、他の医療機器メーカーとのコンペとなり、最後は価格勝負で受注を逃すというような事態も徐々に多くなってきているようです。

そうならないためには、やはり出来るだけ医療機器の実際のユーザーとなる医師や看護師などからの強い指名を受けること、そのために日常的に顧客とのパイプを太くしていくことなどがとても重要となります。楽な営業はありません。貪欲に獲物を追い続けるハンティング・マインドのようなものが、ますます大切となってきているのです。

ページトップへ